色彩アートセラピーワークショップ参加者の声

去った5月4日、那覇市西の沖縄県男女共同参画センターてぃるるにて『色彩アートセラピー』のワークショップを開催しました。コロナ感染拡大防止対策で定員は10名。参加者皆様へは、検温、アルコール消毒、マスク着用などご協力いただきありがとうございました。

まだ、色彩アートセラピーを知らない方へ、色彩アートセラピーとはどういうものなのか、実際に体験した方の声をお届けします。

色彩アートセラピーとは

色彩アートセラピーは、色彩表現(描画やぬり絵など)を主体にしたセラピーです。色彩は五感のうちでもとくに人間の感情や記憶、過去のトラウマなど潜在意識と深く結びついています。色彩を表現することで滞っていた感情やストレスを表出し、自らを癒す能力を秘めています。

次に色彩アートセラピーのやり方について説明します。

セカンドステップで気持ちを整理する

色彩アートセラピーのファーストステップとは?

1枚目はオーラとボディぬり絵で今の気分を表現します。今の自分の心身の状態や周囲の人との人間関係が表れます。

例えば、体の部分を真っ赤、オレンジなどの暖色系で塗っている場合は元気な状態。タッチも塗りこめるように描くのでエネルギーがあります。また、あえて塗らずに余白を残す人もいます。

色彩アートセラピーのセカンドステップ

2枚目は、約100種類以上の色彩学校ハート&カラーのオリジナル塗り絵の中から私が7種類の図案を選択。
今回は様々な状況や気持ちに対応できるようにぬり絵を選びました。

参加者の皆様はその7種類のなかから1枚、自分の気持ちにぴったりの図案を選びます。
ぴったりくる図案がない場合は白画用紙に思いのまま描いていただきます。

「天駆ける鳥」⇒羽ばたきたい
「道」⇒描きかたによって現在から未来へ、過去から現在
「家のある風景」⇒ホームグラウンドに関して
「陽光に向かって咲く向日葵」⇒光があふれる描き方、軽やかな気持ち
「三日月と私」⇒心の世界、自分を見つたいとき
「新芽」⇒これから伸ばしたい才能、スキル
「負けないもん」⇒逆風のなか必死に耐える

参加者一人一人とお話する時間がとれなかったのですが、選んだ図柄からも今の状況、心の状態がなんとなく伝わってきます。

作品を仕上げた後は参加者10名それぞれの作品をお互いに見せ合いました。十人十色といいますが、まさにその通りの結果となりました。それぞれの個性を思う存分、自由に表現する場となり終始、和やかな雰囲気のなかでワークショップ開催することができました。

色彩アートセラピー参加者の声

ただひたすら色塗りに没頭しました。時間があっという間でした。画材選びやぬり絵の図案、色の塗り方、タッチなど、すべてに意味があるんだ、これが今の私なんだと思うと納得。もっと色彩心理について知りたいと思いました。
豊見城市40代女性

自分を見つめなおせました。色の世界とってもおもしろい。もっと勉強したいです。
那覇市50代女性

時間があっという間に過ぎていきました。集中できたのかな?
自分と向き合うためにも(アートセラピー塗り絵を)活用できたらいいなと思います。

国頭村50代女性

初参加でしたが、久々に塗り絵に集中し、楽しい時間を過ごしました。
那覇市60代女性

本日もありがとうございました。いつも癒されます。
那覇市50代女性

色鉛筆を持ち始めたら勝手に手が動いて行って、自分でもこんな色を使うのだとか、ぬり絵に虹を描き足したことにも意味があるのだとクレアさんの解説で納得。
那覇市30代女性

楽しかった。すっきりしました。
浦添市40代

クレアさんの色の解説がおもしろくてためになりました。自分の描いた(塗った)絵を自分で分析できるのがいいなぁと思いました。
宜野湾市30代女性

自分が選んだ色が自分そのもの、同じ図案の塗り絵なのにみんな違う。そしてみんな違うから面白い。
八重瀬町30代女性

2回目の参加です。もっと時間があったら塗り絵を完成できたのに、続きは帰ってからします。色彩心理の話しが響きました。
浦添市20代女性

今後も色彩アートセラピーのワークショップを隔月開催予定です。1回きりではなく、複数回受けることをお勧めします。絵の変化と心と体が連動しているのを感じ取ることでしょう。心と体の声を感じて、もっと幸せになりましょう。

7月からはZOOMオンラインの塗り絵セラピーを開催します。コロナ禍でも心豊かな時間を過ごしましょう。「あなたは一人じゃない、今こそオンラインでつながりましょう」
世界のどこにいてもつながれる時代になりました。インターネット環境が整っていてスマホ、タブレット、パソコンを持っていればどなたでも参加できます。

詳しくはこちらへ『Zoomおうち時間で心が元気になる塗り絵セラピー』https://horoscopeokinawa.com/blog/nurieworkshop/

おすすめの記事