新月に願い事をすると叶う

沖縄は旧盆、旧正月といった旧暦で行事が行われている事が多くあります。旧暦とは太陰暦『月の満ち欠け』を周期として日数を区切る暦です。

旧暦では1か月がおよそ29日となり、毎月1日は新月、15日は満月となります。沖縄の風習で新月と満月の日にヒヌカン(火の神様)やトートーメー(お仏壇)に願い事をしたり、日頃の無事を感謝したりしています。幸せになるために新月に願い事をすると叶う方法を教えていきます。

新月・満月は願いを叶えるパワーアップの日

新月は月の満ち欠けがスタートする日です。まさに始まりの時ですから、何か新しいことを始める、「こうありたい」という願いをかけるのにピッタリの日と言えます。予定表やカレンダーに新月、満月の日をチェックしておきましょう。

新月にお願い事をしてみる

もし、問題や困難がある時、無事に解決できるように願ってみましょう。すぐに解決できない問題や悩みは毎月続けてお願いしてみましょう。きっと解決しますよ。

新月にお願いをして満月で振り返る

新月(1日)で願い事をしたら、満月(15日)では、願った事について振り返りをします。願い事が叶った時は感謝の気持ちを伝え、叶っていない場合はお願いの言葉を変えて願いましょう。

願い事が無い人でも日頃の感謝を伝え、災難や困難から身を守ってもらうように願いましょう。

新月と満月のパワーを味方につけて、願いを叶えましょう。

新月、満月の日の注意点

新月(1日)と満月(15日)の日や旧盆の期間には、パワースポットと呼ばれる場所には行かないことです。不思議と事故が起こりやすいので聖地だけでなく。山や海に行くことも避けましょう。

どうしようもない困難やなかなか解決できない問題がある時、不思議な力をかりてみませんか。嘘みたいに簡単に解決したり、思いがけないことで、物事が良い方法に進むようになりますよ。一度、新月にお願い事をしてみてください。

クレアのホロスコープ鑑定では、あなたの願いが叶うように行動指針をアドバイスします。

ホロスコープ鑑定メニューはこちら
ホロスコープ鑑定実績はこちら
タロット鑑定メニューはこちら

ホロスコープ&タロット鑑定依頼につきまして

【鑑定方法】Zoomによるオンライン鑑定

【完全予約制】月曜日~土曜日

【鑑定時間】 午後1時~7時
【屋号】 沖縄アクアローズ

お申込み&お問い合わせはこちら

★お申込みの流れ~ホロスコープ沖縄★

鑑定料は前払い振込み制となっています。ご入金確認後に予約確定です。

※特に西洋占星術の鑑定時間は約1時間ですが、事前準備としてホロスコープのチャートを作成し読み込むために約1~2時間かかります。そのため、事前お振込制となっております。ご理解いただいて鑑定申込みをしてください。指定期日内でのお振込みがない場合は自動的にキャンセルとなります。悪しからずご了承ください。

おすすめの記事